本籍地記載の身分証明書が必要です!

法律上「本籍地」記載の身分証明書が必要です

レズ風俗求人

当店で働く上で「本籍地」記載の身分証明書が必要です!

当店は風営届出済店です!

当店は、大阪公安委員会、新風俗営業適正化法律第31条の2第1項の規定による営業開始届出書提出済み(風俗営業等に関する申請・届出済み)の風俗店です。管轄は大阪南警察署(06-6281-1234)
実は、現在のところ、風俗営業等に関する申請・届出は、当店のようなお客様もキャストも戸籍上女性同士の風俗店、同性同士の風俗店の場合、法的に届出の必要はないようです。
ただし、今後、法改正があった場合のことや、お店やキャストに暴力や損害を与えるような方や暴力団への対策として、また風俗サイトや求人サイトなどの広告媒体掲載やオプショングッズの卸会社の取引必須事項として、2007年のオープン当初から届出しておりました。
キャストやお客様への安全とお客様へのサービス向上、お店の広告宣伝のため風営法届出は必要でした。

※風営法とは

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律をいいます。
略称は風適法(ふうてきほう)、風営法(ふうえいほう)、風俗営業法(ふうぞくえいぎょうほう)などといいます。

本籍地記載の個人の住民票について

本籍地記載の身分証明書をご提出できない場合は、採用出来ません。

・従業者名簿と確認書類

2014年10月に施行された「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に基づく許可申請書の添付書類等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令(案)」にて、風俗営業者に営業所または事務所ごとに備え付けるよう義務付けられている「従業者名簿の記載事項から本籍が削除」されました。
従業員の確認は、日本国籍を有する者については「住民票記載事項証明書」のほか、「本籍地のある都道府県が記載されている書類(確認書類)」をもって行う。としてます。
つまり、お店で置いておかなければならない従業者名簿には本籍地の記載の項目は削除されましたが、当店で働く上で、法律上、従業者の確認書類(お店に提出する身分証明書)として、本籍地記載の身分証明書(本籍地記載の住民票のコピーなど)が必要なのです。詳しくは、二次面接の際にお答え致します。

これからもレズっ娘グループは、大阪公安委員会への風俗営業等に関する申請・届出済みの風俗店として、キャストに安心して働いてもらう、且つ、お客様に安心してご利用頂く為、法令遵守の運営をしていきます。