レズっ娘クラブグループが考えるコンプライアンス

お客様とキャストのプライバシー保護・安全確保にも力を入れてコンプライアンスを徹底し、運営しております。

高級風俗求人

コンプライアンスとは

コンプライアンスを直訳すると「法令尊守」という意味です。

レズっ娘クラブグループ(以下、弊店)では「法律や条例を違反しないこと」に細心の注意を払うとともに、 お店の運営方法や環境整備、キャスト・お客様の安全を確保するための規定の設定など、あらゆる視点で配慮・実行することが重要で、 コンプライアンスの目的を明確にすることは、健全な運営をしていく上で必須事項であると考えています。

レズっ娘クラブグループのコンプライアンスの目的

徹底した安全への取り組み

レズっ娘クラブグループでは、お客様のプライバシー保護、安全確保はもちろんのこと、キャストのプライバシー保護・安全確保にも力を入れて運営しております。

①キャストに顔出し営業をさせない
キャストに顔出し営業をさせないことで、キャストの安全や身バレを防ぐとともに、お客様の利用バレも防ぎます。
②個人情報の取り扱い
当グループはキャストとお客様が直接連絡を取り合う「直営業」は一切しておりません。
ご予約やお問い合わせは、全てお電話か専用のメールフォームにて承っております。 お店がキャストとお客様の仲介をすることで、個人情報の漏洩や、あらゆるトラブルを未然に防ぎます。
③徹底した衛生対策
性感染症防止のため、キャストとお客様にはプレイ前後のシャワー・歯磨き・うがいを義務付けております。
また、プレイで使用するオプションはすべて新品を使用いたします。中古品の共有・使いまわしなどは一切いたしません。 お客様の私物は新品・中古に関わらず、持ち込みはすべて禁止しております。
その他、提携クリニックにてキャストの定期的な性病検査を徹底することはもちろん、 お客様も検査結果をご提示していただいた方へは割引を実地するなど、より高い安全性を目指した運営を行っています。
レズっ娘クラブグループの衛生対策について

法令や条例の遵守

レズっ娘クラブグループのようなレズ風俗や、売り専・ニューハーフヘルスといった男性同士の風俗など、 キャストとお客様が同性同士の風俗店では、2019年7月現在、風営の届け出は法律上不要となっています。 しかしながら、レズっ娘クラブはオープン当初より風営の届出をしており、現在では顧問弁護士とも契約を交わし、コンプライアンス指導を受けております。

①トラブル対策
レズっ娘クラブがオープンした2007年は「暴対法改正前」でしたが、反社会的勢力への対策の一環として届出をいたしました。 風営の届出をしておくと、なにかトラブルがあった場合に一般のお店や企業と同じく警察は動いてくれるため、 キャストとお客様の安全を確保するために必要であったと考えています。
②安全な取引のため
アダルトグッズの卸会社との取引や、風俗広告媒体への掲載などをするためには、風営の届出は必須事項でした。 真っ当な風俗媒体やアダルトグッズ取り扱い店様では、当局指導の下、お店掲載時やお取引をする際には風営の届出確認を必ず実施されております。
③今後の法改正対策
現在、レズ風俗業界の半数が法の抜け穴をかいくぐっていると言っても過言ではありません。 レズ風俗に関する法整備がまだできていないということ自体、そもそもの問題ではございますが、 こういう現状だからこそ、安心してご利用いただけるレズ風俗の指針になるべく法令や条例を遵守いたします。

信頼性の確保

悪質店や違法行為店などを排除し、安心してご利用いただけるよう啓発・周知徹底いたします。

悪質店・違法行為店などの情報収集

レズ風俗に長く携わった弊店のネットワークや、お客様・従事者からのご相談などから、常時、悪質店・違法行為店の情報収集をしております。